クリスタルパーティー犬舎の歴史
クリスタルパーティー犬舎の歩み
1997年カレンダー「ブルー&コメット」(マルチーズ)
マルチーズ ミニチュアダックス シーズー
ロングコートチワワ
クリスタルパーティー犬舎の歴史

クリスタルパーティー犬舎は、私たち夫婦で運営しています。
ここでは、私たちがブリーダーとして活動を開始してから、現在までの経緯についてお話しましょう。

ある日、私たち夫婦のもとに、一匹のマルチーズがやってきました。
ふわふわで真っ白な毛、クルっと丸い真っ黒な目、その姿は、本当にヌイグルミそのものでした。
彼女は、家の中どこへ行くのにも私たちの後ろをチョコチョコとついてまわり、すぐに生活の一部となってしまいました。元々が犬好きだった私たちは、じきに彼女の子供が欲しくなります。

ある時、現在もお付き合いしている有名なブリーダーさんにお願いして、チャンピオン犬との交配を行いました。
その頃には、私たちもマルチーズについてかなりの勉強をしておりましたので、チャンピオン犬がどういうものか、どうすればより良い子が産まれてくるのか、色々と楽しく悩みながらの数週間でした。そして・・・。
チャンピオン犬と交配した事は見事に成功し、その子たちはマルチーズとしてのスタンダードをかなり満たしたスタイルで産まれてきました。
ロンチ
ヨークシャテリア ヨーキー 小型犬
マルチーズ ミニチュアダックス シーズー
ロングコートチワワ
新しい家族。

おチビさんたちが喧嘩したり、仲良く眠ったりしているのを見て、私たちは
決意を固めます。
それからは、本当にめまぐるしく毎日が過ぎて行きました。

たくさんのブリーダー、ハンドラー、獣医さんなどともお付き合いが始まり、その甲斐あってか、何頭かは立派にチャンピオン犬として育ちました。
しかし、ある時私たちは、もう一つの重大な決断を迫られる事になります。
私たちの住む家は、もはやたくさんの犬たちを収容するには狭くなってしまったのです。
ご近所の事も考えると、このままではいけません。
そこで、一大決心です。広く美しい土地、水がきれいで空気がおいしい場所、なにより彼らを自由に走らせてあげる事の出来る環境を求めました。
それが現在の三田市です。

余談ですが、この家は、私たち自身が息子たちの手も借りて、木々の伐採から作り上げた家なんですよ。そこから先は、手前ミソですが、快進撃でした。
次々とショーに出展し、いくつもの賞を頂きました。

おかげさまで、あの頃とは逆の立場となって、新しくブリーダーを始める方の教育係もこなせるようになりました。
現在では、マルチーズにとどまらず、様々な犬種を送り出しています。
最近のショーを見ていると、私たちの出展以外にも、私たちの送り出した犬たちの、直系の子らが活躍しているようです。
これからも、私たちは歩きつづけます。
あの頃の気持ち、最初に感じた「かわいいっ!」という感情が、一番大事なものであると信じて。
皆様に、新しい家族をお届け出来る日を楽しみにしています。
ロンチ
ヨークシャテリア ヨーキー 小型犬
クリスタルパーティー犬舎ホームページメニュー
クリスタルパーティー区切り線
【クリスタルパーティー犬舎の歴史】
クリスタルパーティー区切り線